AKB48総選挙、“目玉不足”とは一体どういうことなのか!?

AKB48総選挙は多くの方が気になっているのではないでしょうか?目玉不足と言われていますが、目玉不足ってどんな意味なのでしょうか?目玉不足とは、次から次へとやめる人が多くなっているので、それを補うためには、メンバーの存在が重要となってくると言えます。

5月31日に始まった投票は、1日に速報結果が発表されました。人気アイドルを投票により幅広い層を巻き込んで進化したイベントですが人気投票は大きな影響を世の中に与えることが出来ましたが、話題が落ち着いているのも現実となっています。

実際に、数年前から始まったイベントですが、最近では、総投票数も年々低下している状況になっており、速報での結果も少し違和感を感じるようになりました。

2年くらい前までは、多くの方がテレビにしがみついてみていた総選挙ですが、徐々に評価が低くなっている現実の中で目玉不足をどうやって補って行くのかと言うことが問題となっています。

更に若手の下剋上はあるのかなどと言うことも問題となっていますが、皆さんはどう感じていますか。最近ではあまり目にする機会が少なくなってきたような気がするのは私だけでしょうか。

今回の一位は渡辺麻友でした。素敵だと感じますが、以前のように競争率も低くなっているような気がします。泣いたり笑ったり、くやしい思いをしているのはメンバーは同じ気持ちでも、視聴者の方からしてら、誰でもいいやと言う考え方になってきているのかもしれません。

制服姿で可愛いと人気があった時代からしたらさびれているようなイメージはありますが、これからそこを埋めるように頑張って行って欲しいと思います。以前のようなもりあがりが重要になってくると思いますし、これからも続けるためには、メンバーの力も発揮するべきだと感じています。

http://xn--eck2byb7a9hcmbh9813k77pe.net/