子宮にパワーストーン!?小林麻耶がかかわっていた危険なカルト集団とは!?

フリーアナウンサーの小林麻耶さんが体調不良により休養することになったと5月の下旬に話題となりました。レギュラー番組のバイキングを退席して、病院へ行きそのまま検査入院となりました。体調が悪く前に❝子宮系女子❞と言われている一派とかかわりがあったようです。

簡単に説明すると自分の子宮の声を聞くことにより、人間関係や健康を維持することができて。お金で何でも手に入れることができる思想を持っている女性のことです。小林さんは、広めるための瞑想会に参加していて写真などをブログにアップされていたのです。一部では心の病からカルトにという心配もあったようです。

数年前から子宮系女子が布教するパワーストーンが話題を集めていました。これは、女性の秘部に挿入すると子宮が宇宙に広がるというヒーリングジュエリーです。数十万円すると言われています。

しかし、ジュエリーに関しては秘部から出てこなくなってしまったり、炎症を起こしてしまうという危険があると医療関係者から指摘があるのもなのです。

実際に怪しい商品とわかっていても、病んでいる人からすれば救いの手だと考えてしまう傾向になります。小林さんも関わっている可能性があると言うことで、精神的な問題を抱えていなければという声も上がっています。

実際に、良いと言われていても秘部の問題は、解決する際にも炎症が起こってしまったり、腹膜炎などを引き起こして体調不良となってしまったり、取れなくなってしまうと深刻な悩みとなってしまうこともあると思います。

最近では、芸人の方々も様々な宗教などにハマってしまう人が多くなっていますが、何かあるのでしょうか。悩みを抱えていない場合には、隙を見せることなく、だまされることなく過ごしていけるのではないかと思うのは私だけでしょうか。

実際に、芸人になって上を上をと言う人も多いと思いますし、徐々に出る機会も少なくなってしまった。などと言う悩みを抱えている人も多いと思いますが、体調を管理して堂々としていて欲しいですよね。

上手な話しにのるのではなく、前に進める正しい道を選ぶようにすることで、自分も前進していけると思います。多くの方が、芸人の方に助けられていたり、そのおかげで、頑張れたりと沢山の元気や勇気をもらっているので、病気を早く克服して復帰して欲しいですよね。

電話占い魔法のランプ