西山茉希が事務所に強いられた過酷な契約とは!?

西山茉希が事務所に強いられてた過酷な契約ってご存知ですか?西山茉希さんが涙の告白をしています。所属事務所に強いたれて奴隷契約の13年です。実は2月から、所属事務所のお給料を1円ももらtっていないと取材に涙ながらに明かしています。
西山さんに仕事のオファーを出したくても、事務所の電話に誰も出ない状態で、所属事務所がすでに機能していないそうです。池田啓太郎社長が投資した事業で多額の借金を抱えたと言われています。
13年に早乙女太一と結婚して、2児の母親になった西山茉希は、カリスマモデルとして活躍し、テレビなどにも引っ張りだこだった彼女に何が起きてしまったのでしょうか。6月上旬、本誌は彼女を直撃したのですが、意を決して真相を語ってくれました。
昨年、2人目の子供を産んだあと、テレビや雑誌の方から事務所とまったく連絡が取れないと言われて、自分に直接仕事が来るようになり、それでおかしいと気が付いたと言っています。
最後に仕事をしたのは、5月1日のことで、その日を最後に、11年間連れ添ったマネージャーも退社してしまっているようです。引退危機に追い込まれる西山茉希は、実はその背後には、所属事務所へ長年にわたって不信があったそうです。
実際に、事務所が私を拾ってくれたことは事実ですし、本当に恩を感じています。でも。普通だと思っていたことが普通ではなかったという事がようやくわかりました。過去に3、4回社長に事務所を辞めさせてくださいという事を言った事もあります。ただ最初にやめたいといった時に西山がいっぱいお金を欲しがっているという噂が流れました。
さらに私の親がお金を欲しがっているという噂まで、ある人に社長の周りの人に聞いたよと言われて、ああ、あれは言ってはいけないセリフなんだと感じました。彼女はCanCanで一時代を築いたカリスマモデルだが、待遇については驚くべきものでした。
19歳でデビューして13年間、いただける月給額はまったく変わっていません。それでも生活できているし、これでやっていこうという気持ちの方が強かった。でも去年2人目の子を妊娠して、切迫流産で入院している時に、突然、社長から給料を半額にすると言われました。社長に今月から減給ということですか?とメールしたら、もっと冷静な文章をくださいとはぐらかされて、これ以上は聞くなという事だと思ったそうです。
西山は、2児の母となってこのままで本当にいいの?と感じるようになったそうです。将来の結婚や出産で事務所に迷惑かけてしまうかもしれない、その穴埋めに、今は我慢するときだと思って、仕事をしてきたそうです。でも、子供ができららきっちり減給されて、こんな時に何も言わず一生懸命頑張ってきたのにと目が覚めたそうです。
2児の母の私がこんなに弱くてはいけないと思って、去年の11月に弁護士さんにお願いして、契約解除の書類を事務所に送ったのです。
池田社長の側も弁護士を立てて、何度か相互にやりとりをしていますが、埒が明かなかったそうです。西山の言い分を、当の池田社長にどうきくのだとうか。本誌が彼の携帯に電話をかけると池田社長本人が電話に出ました。
西山が取材に答えたんですか?どうにでも好きなように書いてもらって構わないですよ。それがいきなり週刊誌に出るって、そういうことなら、僕も徹底的に抗戦すると彼女に伝えてくださいといったそうです。実は、マネジャーの1人が3500円も横領していたんです。
警察にも相談しています。広域暴力団も絡む事件でこれがなければ彼女にももっと払えていたかもしれません。時間をとってくれればきちんとすべて説明しますよ。来週号で?構いませんよ。という話でした。
インタビューの最後で西山はとにかく、仕事をさせてほしいという事を熱く訴えました。自分に高額なギャラは必要ないし、求めていただけるなら、素直な気持ちで答えていきたいと今回の事はきちんと乗り越えていくと話をしています。溜め込んでいた事を吐き出した西山は、スッキリした表情に変わったそうです。
実際に、社長が言っている事が本当なのかはわかりませんが、私は弁護士さんなどが入っているので嘘はないと感じますが、それと給料の問題って関係ないと感じます。横領した場合でも、その人と社長の問題で、西山さんには関係ないので、もっと真剣に考えて社長もわかるように説明する事は大事だと感じます。
今言っても、言い訳にしか聞こえないと感じるのは私だけでしょうか。相手も大人なので、きちんと減額する前に話をすることにより、こんな問題にはならなかったと思うし、彼女の気持ちを考えると私は西山さんの味方です。

少女を飼育!?志布志市のふるさと納税PRが話題になっている!

志布志市のふるさと納税PRが話題になっていて、ネットにPR動画が流れていますが、女性差別的だと批判が殺到しているようなので、すぐ除去を余儀なくされるという話もあります。

その動画は、養ってと少女が求めてくるというようなものですが、再生回数としても10万回を超えているようです。

内容としては、彼女と出会ったのは、1年前の夏だったみたいな感じで2分間のナレーションと同時に始まっています。舞台になっているのは、少しレトロな雰囲気のプールで、現れている紺色の水着を着ている少女は養ってと語り手の男性に依頼してくるのです。

語り手は彼女のために、できる限りのことをしてあげると決めて、プールで彼女を養う日々が始まります。テントを立てて、食事を用意して、プールの水も、天然の地下水にするなど、語り手はたくさんの世話を焼きます。

そして、次の夏には、少女はサヨナラとほほ笑んで去っていき、プールに飛び込むと、その姿はウナギに変化して、おいしそうなかば焼きが大きな写真になり、動画は幕となります。

実際に、鹿児島県は、養殖うなぎの水揚げ量が日本一を誇っていて、志布志市は県内の最大産地でもあるといわれています。ふるさと納税のお礼でも、やっぱりウナギが看板となっています。

ふるさと納税には、PR動画を欠かす事ができないということは理解することができますが、やっぱり、女性を使った動画でウナギに変身するのは、批判を招いてしまっても仕方ありませんよね。

税金を使ってこんなビデオを作るなどと苦情も多くなっていますが、公が作っているということは少し問題があり過ぎると感じました。注目を浴びているのですが、イメージダウンにつながってしまう可能性も考えられます。

実際に、ウナギをプールで養殖している姿などという考え方はできなかったのでしょうか。納税は今の時代は、良いことと評判となっていますが、水着姿の少女などを使ってPRするのは少し納得することができません。

北海道男児置き去り騒動で尾木ママが謝罪した理由

北海道男児置き去り騒動で尾木ママが謝罪をしていますが、誰が謝罪をする必要もないと私は思います。実際に、この事件では最初に父親が嘘をついていることもあり、多くの方が、虐待ではと感じているのではないでしょうか。

私も、小学4年生の男の子がいるので、親の気持ちもわかります。実際に自分の子が人に迷惑を掛けるときちんとしたしつけは必要だと感じますし、私もこれまで育ててくる中で、私の子じゃない。とか口では言ったこともあります。

私が父親を理解できたのでは、車や人に石を投げたからと言っていますが、本当に悪いことだと私は考えます。これからのことを考えると実際に、きちんと注意しておく必要があり、口で言うだけでは子供は何の反省もしないことがあります。

なので、山におろしたと言うのは、許せることではありませんせんが、私達親からしたら仕方がなかったのかな。と感じることもあります。虐待と言う言葉をよく警察などがいいますが、どこからどこまでが虐待になるのでしょうか。

教育評論家の尾木さんが言っていることは子育てをしている親誰もが感じたことだと思うので、誤る必要が無いと感じますし、父親が謝罪をするのはあたり前のことだと思います。

自分の子供の為に、多くの方に迷惑を掛けてしまった親は、父だけでなく母もきちんとお礼や謝罪をするべきではないでしょうか。それだけ多くの方が、自分の子供を心配してくれたといっても良いくらいです。

子育てをしながら感じることは、今回のことは行き過ぎたことだったと感じます。その辺なら良いですが、行ったこともない山に置き去りは無いですよね。

後で後悔しても仕方ないし、沢山の人に迷惑を掛けているし、大きなニュースにもなっています。お父さんのケアも大事かもしれませんが、自分がしたことでこれからを見直すことができれば自分も同時に成長していくのではないでしょうか。

これからのしつけをどうしていくかが課題となっていくと感じます。悪いことをしてもこないだのようになったらと言うトラウマで何も言えない父になりそうな気もしますが、それでは逃げているだけだと感じます。

その時、その時できちんと話合いをすることが解決に導く道に繋がっていると思います。暴力をふるう人がいますが、暴力で解決できますか?お互いに何でも言える家庭を作ることが重要だと感じます。

暴力もどこ程度悪いことをしたらと考える必要があります。例えば人のものと取ったなどと言う場合にあ、仕方ないと感じますが、ちょっとした悪さで叱る前に、自分がどんな子供だったか振り返ってみましょう。

子供を叱っている時、私は自分を振り返ります。私もこんなだったなと言う気持ちに慣れて、きちんを分かるように話をすることができるようになりますよ。自分に余裕が重要になってきます。

井戸田潤激怒!高橋真麻のあきれた言動

井戸田潤さんが激怒したスペシャル企画の独身芸能人 男と女スペシャルみましたか?2日前に放送されました。そこでは、様々な男性と女性の思いをぶつけあっている様子を目にすることが出来ます。

女性のここが許せない!の論点では、男性側は興味のない男と食事で奢られるな!と主張しているの対して、セコイという反論があったっようです。

男性側の意見として真麻はご飯を奢ってくれる人じゃないと続かないと反論しました。高い場所で割り勘にするのなら、安いところで奢ってくれたほうが良いと主張しています。

真麻の主張に対して、井戸田さんはそのルールはなんなんですか?おかしくないですか?と疑問。そもそも奢ってもらうのが当たり前って感覚、感謝の気持ちないんですか?と声を荒げて言いました。

真麻さんは、女性はデートに行くまでに美容代やお化粧、洋服などで費用がかかると説明しました。

今回の話を私は、おかしいと感じました。実際に今の時代は、男性も女性も差別がない時代となっているので、女性も会社では男性と同じような費用はもらえる時代になっています。

昔のように男性しか役職を持てないと言うような時代とは違っているので、井戸田さんに賛成です。実際に、おごってもらうことが当たり前と考えると今の時代では誰も相手にしないと言う結果に繋がってしまいますよね。

私は37歳ですが、私の若い頃は、やっぱり男性が奢ってくれると言うことが当たり前でしたが、何よりもありがたいと言う感謝の気持ちはいつでも持っていました。また、彼氏以外の人と食事に行くこともなかったのですが、今の時代は割り勘が当たり前になっています。

気を使わず良いと言う人もいますし、男性が奢るべきと考えている人もいると思いますが、考え方で違ってくると思います。当たり前にはしたくないと感じます。2回に1度くらいは、私がという心配りも世の中では重要なことではないかと感じています。

例を挙げると男性が奢る人なら、女性は家事育児をすべて自分でと言うことになりますよね。実際に男だから、女だからと言うことではなく、お互いに思いやりも気持ちを大事にしてほしいと思います。

社会人となっているので、礼儀もきちんともってデートしたいですよね。

 

モノマネ女王、横澤夏子の性格の悪さが露呈した事件

モノマネ女王の横澤夏子さんってご存知ですか?飲み会などで先輩や後輩のモノマネなどを行っている方ですが、横澤さんの恋愛エピソードを知り多くの方が拒否反応を出しました。5月24日のバラエティー番組に登場して、横澤が会いたいと言う人は15歳の時に交際していたファーストキスをした相手でした。

横澤さんは、彼が初めて交際相手ですと説明して、私ちゃんと学生恋愛しているんですよと。自慢気に話としていたのですが、実際に再現VTRで視聴者は引いてしまったようです。

横澤さんは、中学生の時に生徒会長を務めていたのですが、生徒会長になった理由として、生徒会のメンバーを指名することができるからだったのです。彼と交流したいために生徒会長になり、その権力で彼を生徒会のメンバーに入れたのです。

自分からいちゃついたりしていたのですが、自分が告白しているのですが、女友だちを集合させて、断りずらい環境でOKの返事をゲットしたのです。極めつきは強引にキスを奪うなど相手が控えめなことをいいことに卒業までに行為をつづけたそうです。

その彼はスタジオには現れることはなかったのですが、中継で顔を隠して登場してくれて、付き合った事実はま~一応と言う程度でした。ファーストキスの思い出について聞くと怖かったと振り返っています。そこで権力恋愛だったと言うことが証明されてしまったのです。

実際に、一番会いたい人に、そんな言葉をうけて、自分の気持ちはどうだったのでしょうか。実際に今まで私もこの番組は結構見るのですが、心がキュンとなるような思いでばかりで好きだったのですが、今回の件でそんなこともあるんだと感じました。

自分が権力恋愛をして楽しかったのでしょうか?よく会いたいって言えたなと感じますし、恥をかかされるくらいならもっと違う人をと感じたりもします。実施にモノマネをしている際にも、イタッとすることがあるので・・・やっぱりそんな人かと言うような感じはします。

モノマネでしている姿はモノマネではなく、自分の本性だからあんなに上手なのかなという考えもありますよね。これから強引ではなくもっと思い出に残り、相手も好きと言う気持ちを分かり合える恋愛をしてほしいと感じます。

 

AKB48総選挙、“目玉不足”とは一体どういうことなのか!?

AKB48総選挙は多くの方が気になっているのではないでしょうか?目玉不足と言われていますが、目玉不足ってどんな意味なのでしょうか?目玉不足とは、次から次へとやめる人が多くなっているので、それを補うためには、メンバーの存在が重要となってくると言えます。

5月31日に始まった投票は、1日に速報結果が発表されました。人気アイドルを投票により幅広い層を巻き込んで進化したイベントですが人気投票は大きな影響を世の中に与えることが出来ましたが、話題が落ち着いているのも現実となっています。

実際に、数年前から始まったイベントですが、最近では、総投票数も年々低下している状況になっており、速報での結果も少し違和感を感じるようになりました。

2年くらい前までは、多くの方がテレビにしがみついてみていた総選挙ですが、徐々に評価が低くなっている現実の中で目玉不足をどうやって補って行くのかと言うことが問題となっています。

更に若手の下剋上はあるのかなどと言うことも問題となっていますが、皆さんはどう感じていますか。最近ではあまり目にする機会が少なくなってきたような気がするのは私だけでしょうか。

今回の一位は渡辺麻友でした。素敵だと感じますが、以前のように競争率も低くなっているような気がします。泣いたり笑ったり、くやしい思いをしているのはメンバーは同じ気持ちでも、視聴者の方からしてら、誰でもいいやと言う考え方になってきているのかもしれません。

制服姿で可愛いと人気があった時代からしたらさびれているようなイメージはありますが、これからそこを埋めるように頑張って行って欲しいと思います。以前のようなもりあがりが重要になってくると思いますし、これからも続けるためには、メンバーの力も発揮するべきだと感じています。

http://xn--eck2byb7a9hcmbh9813k77pe.net/